top of page
【素材】講座動的ページ (7).png

iLectが選ばれる3つの理由

No.1 同期型オンデマンド講座

  - 機械学習メンターによる質疑応答など、リアルタイムで受講生を最大限フォロー


No.2 完全受講生ファーストの講座運営

  - 学習環境の構築不要・講座終了後の受講者毎の採点結果とアセスメントのレポート


No.3 AI分野第一線の講師陣

 - AI研究の第一線で活躍する現役研究者・エンジニアやKaggle Grandmasterが講師を担当

本文を追加 (1).png

Pickup

Pickup

- 注目の講座

1.png

  E資格受講をお考えの方へ

  •  人工知能の開発などを従事できる人材を教育

  • E資格合格だけでなく、ディープラーニングを駆使する高度な研究者やエンジニアを目指す講座

【素材】講座動的ページ (2).png

  ChatGPTを使いこなす

  • 大規模言語モデル (LLM) が持つポテンシャルを理解

  • ChatGPT をはじめとする「生成AI」を効果的に活用する方法を習得する

助成金で受講料が最大75%お得に

   対象講座

  • DL4E DeepLearning基礎理論講座(E資格対応)

  • DL4US DeepLearning実践開発講座

  • DS4Me データサイエンティスト育成講座

iLect Academy 

iLect Academy 

- iLect Academy とは

少人数で受講可能

受講満足度 92.5%
完全受講生ファーストの iLect 講座を
1社10名以下で受講したい企業様に向けた

【LP素材】DL4E・プロンプトエンジニアリング (5).png

複数社合同開催講座

Next event ▶︎

  開催日程. 

2024年8月26日(月)

  お申し込み締め切り. 

2024年7月22日(月)

  開催日程. 

2024年(計 4日間)
12/3(火)・12/17(火)・1/7(火)・1/21(火)

  お申し込み締め切り. 

11月4日(月)

  開催日程. 

2024年(計 4日間)
10/4(金)・10/18(金)・11/1(金)・11/15(金)

  お申し込み締め切り. 

9月2日(月)

  開催日程. 

2024年(計 6日間)
10/24(木)・11/7(木)・11/22(木)・12/5(木)・12/19(木)・1/9(木)

  お申し込み締め切り. 

9月30日(月)

  開催日程. 

【初級編】 2024年 6月20日(木)・10月15日(火)
【初級編】 2025年 1月23日(木)

  お申し込み締め切り. 

各開催日より、4週間前の月曜日

COMPARISON

Enterprise と Academy の違い

Enterprise
Academy
開催方式
一社単独
複数社合同
一社あたりの参加人数
20名以上
20名以下
受講方式
オンライン
オンライン
講座カスタマイズ
×
リアルタイム講師
×
機械学習メンター制度
iLect System の提供
ディスカッションボード
アーカイブ動画配信期間
受講後6ヶ月
受講後1ヶ月
プロジェクトワークショップ
×
アセスメント
×

COURSES MAP

​講座マップ

DEFINITION

​「AI人材」の定義と主なカテゴリ

ノート

DX&AI基礎教養習得者(DX基礎人材)

  • DXおよびAIの一般教養習得者

  • 一般教養としてAI技術の概要を理解し、DX/AI時代に対応しながら従事できる

  • AI技術を利用したサービスやプロダクトを業務に利活用できる

  • 非技術者もしくはIT系以外の技術者等

AI4US

データ

データサイエンティスト

  • データ分析の専門家

  • 多様なデータに対し、統計・確率・機械学習の手法を駆使して隠れたパターンやインサイトを発見できる

  • 数学とアルゴリズム・ビジネス(ドメイン)知識・ソフトウェア開発技術など幅広い知識を駆使してプロジェクトに従事できる

DS4Me

MLOps

AI4PM

手帳

AIプロジェクトマネージャ

  • AI技術について、その種類や特性などを幅広く理解し、AI技術を利用したプロジェクトを企画・管理できる

  • 高いコミュニケーション能力とビジネスへの理解を持ち、プロジェクトの関係者やメンバーをリードできる

  • IPAのIT人材白書における「AI事業企画者」に相当

AI4US

AI4PM

エンジニア_イメージ

AIエンジニア

  • 機械学習やディープラーニングなどの先端のAI技術を利活用し、アプリケーション開発ができる

  • AI技術を搭載したソフトウェアを開発、システム全体の設計ができる

  • IPAのIT人材白書における「AIエンジニア」に相当

DS4Me

DL4US

DL4US

MLOps

リサーチャー_イメージ

AIリサーチャー

  • 機械学習・ディープラーニングに深い理解を持ち、競争力の高い技術やアルゴリズムを自ら作り出すことができる

​​

  • 計算科学と高等数学にも精通し、最新の論文を理解して自ら実装する

  • IPAのIT人材白書における「AI研究者」に相当

DS4Me

DL4E

AI人材の定義

COURSES REVIEW

受講者インタビュー

bottom of page