top of page

【2023年10月より開催】E資格 2024年2月試験 対応、人材開発支援助成金指定 実践型AI人材育成講座「iLect Academy 2023 DL4E Winter」

人材開発支援助成金対象の複数企業参加型AI人材育成プログラム iLect Academy 2023 DL4E Winter(日本ディープラーニング協会 E資格 2024年2月試験対応)を2023年10月から2024年1月まで開催いたします。


▼WEBサイト及びお申し込みはこちら


本講座では、「ディープラーニング」を駆使する高度な研究者やエンジニアを目指し、主要技術の基礎から応用まで網羅的に学べる他、受講生の能動的なアウトプットを促す仕組みを導入することで学習効果を最大化します。

同期型オンデマンド講座となり、講義部分に関しては講師の講義動画を使用しますが、受講生、機械学習メンターとともに同期して受講いただきます。


また、本講座は、経済産業大臣認定の*​第四次産業革命スキル習得講座(Re スキル講座)、*人材開発支援助成金、教育訓練給付制度(*専門実践教育訓練)の指定講座となっており、50%〜最大75%が助成されます。


【複数企業参加型のAI人材育成プログラム「iLect Academy 2023 DL4E Winter」とは】

「iLect」は、AI総合研究所として活動する東大発企業 NABLAS社が提供する課題解決のための法人向け・実践型AI人材育成講座です。「iLect Academy 2023 DL4E Winter」の特徴は大きく以下の5つです。


特徴

  • AI分野第一線で活躍する講師* の講義動画を使用した最先端のAI研修コンテンツ (* AI研究の第一線で活躍する研究者やエンジニア、Kaggle Grandmasterなど)

  • 実践・実用指向の講座 (東京大学からライセンスを受けて提供する質の高い演習中心の教材)

  • 教育工学に基づいて設計された学習効率の高い講座 (同期型研修で機械学習メンターによる質疑の即時性と高いインタラクティブ性のある講座。受講生同士の交流を促す仕組み)

  • 学習効果の高さと業務での実用性を考えて作られた課題(コンペ形式を取り入れることで自発的に学習することを促す課題、業務の中で実際に遭遇するようなエラーを自力で解決できるように設計された実践的な課題など)

  • ブラウザから利用可能な学習システム (事前の環境構築不要、独自開発の機械学習・深層学習向け機能)


<DL4E - Deep Learning for Expert (JDLA 2023#1 対応) の詳細>

◾️ 主な受講対象者

高度なアルゴリズム開発を行うエンジニア、研究者、自社の課題解決を目指す方、E資格取得を目指す方、フレームワークの適用のみで応用が効かないことに悩んでいる方


本講座は、ディープラーニングに関する内部構造を理解することで最新のモデルを使いこなし、プロダクト開発などに従事できる人材を育成するためにデザインされたカリキュラムです。難易度は高いものの、その実践的な内容と演習中心の講座には定評があります。 受講満足度は92.5%にのぼり、講座修了後は受講者の実業務においてAIプロジェクトやDX化の推進に役立っています。


実際の教材
実際の教材

演習課題の例
演習課題の例

■ iLect Academy 2023 DL4E Winter 開催日程

全6日:2023/10/25(水)、11/8(水)、11/22(水)、12/6(水)、12/20(水)、1/10(水)

講座開催時間:9:00-18:00予定

形式:受講生、機械学習メンター同期型のオンデマンド講座

応募締め切り:10/1(月)



​​■ 次世代人材の育成貢献のため、全国5名の学生へ講座を無償提供

多くの学生の方々にディープラーニングの技術を習得頂き、技術革新がいっそう進むよう、iLect Academy 2023 Winter ではAIに興味のある全国の学生へ「DL4E - Deep Learning for Expert」の受講枠を5名へ無償提供します。

講座の受講資格は事前のPython, NumPyの事前テスト(PyGrade) を受験頂き、合格した方々から弊社で選定してご連絡させて頂きます(合格条件や選定方法、選考結果の詳細についてはお答えしかねますので予めご了承下さい)。


学生用応募フォーム:https://forms.gle/yWsC1AninZUNKYwKA

応募締め切り:10/1(月)



*「第四次産業革命スキル習得講座」とは

「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」は、IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。

(経済産業省Webページより引用)


*「人材開発支援助成金」とは

人材開発支援助成金は、事業主等が雇用する労働者に対して、職務に関連した専門的な知識及び技能を習得させるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合等に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です。

(厚生労働省Webページより引用)


* 専門実践教育訓練給付制度とは

働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、一定の要件を満たすことで教育訓練受講に支払った費用の50〜70%が支給されるものです。(厚生労働省Webページより引用)

(※)受給対象の条件はご自身で最寄りのハローワークにてご確認ください。受講開始より1ヶ月前に手続きが必要です。

Commentaires


bottom of page